Honda SENSING

「誰もが事故に遭わない社会」をつくりたい。
その想いでHondaは2003年には世界初の追突軽減ブレーキを実用化。
その後も連綿と続いてきた研究が、この「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を生みました。

Honda認定中古車 U-Selectの
Honda SENSING搭載車を探す

多彩な先進機能で運転がもっと安心に、
もっと快適に。

Honda SENSINGは衝突を予測してブレーキをかけたり、
前のクルマとちょうどいい距離でついていったりできる
多彩な安心・快適機能を搭載した先進の安全運転支援システムです。

あらゆるシーンで運転をサポートしてくれるHonda SENSINGと
もっと安心、快適なドライブを楽しみましょう!

■先進の安全運転支援システム (一部)※車種ごとに搭載機能は異なります。

  • 機能イメージ

    適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。
    ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

  • 機能イメージ

    車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。
    LKAS〈車線維持支援システム〉

  • 機能イメージ

    前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。
    衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

■Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。
各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

必ずこちらをお読みください
  • ACCは、約30km/h以上(渋滞追従機能付は約0km/h以上)で作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。
  • LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h以上で作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。
  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車※1や歩行者、または対向車に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車※1と歩行者に対しては、自車が約80km/h~100km/h以下※2で走行中の場合に作動します。
    ※1 二輪車および自転車は作動しません。N-WGNは二輪車のみ作動しません。
    ※2 車種により異なります。
閉じる
Honda SENSINGについて詳しくはこちら
Honda認定中古車 U-Selectの
Honda SENSING搭載車を探す
◆Hondaの中古車を探す
◆ボディタイプから中古車を探す
中古車の購入・販売ならHonda認定中古車検索サイト【U-Select Web】