ホンダオートテラス 認定中古車検索サイト

  • 店舗検索
  • はじめての中古車購入
  • 購入者の声
  • オートテラスの魅力
  • 中古車を探す
「修復歴」の意味を正しく理解|【ホンダオートテラス】で自分にぴったりの中古車を探す
中古車TOP > 中古車購入ガイド > 実車を見る際のポイント > 修復歴編
中古車購入ガイド
STEP1 中古車購入の流れ
STEP2 実車を見る際のポイント
STEP3 購入にかかる費用
STEP4 契約・納車とメンテナンス

クルマの状態を正しくチェック!

実車を見る際のポイント 修復歴編

クルマを見ただけではわかりにくいのが「修復歴」。
ホンダオートテラスでは、営業スタッフと実車を照らし合わせながら、
お客様の目でしっかりと確認し、車両状態を正しく把握していただくことを推奨しております。
展示車の中には、「車両状態確認書※」が記載されているクルマもありますが、一部取り扱いのない店舗もございます。
※そのクルマの修復歴や現在の状態が細かく記載されております。
「クルマの修復歴」とは?
「修復歴」の対象となる基本骨格にあたる9つの部位
1 フレーム(サイドメンバー)2 クロスメンバー 3 フロントインサイドパネル 4 ピラー 5 ダッシュパネル 6 ルーフパネル 7 フロアパネル 8 トランクフロアパネル 9 ラジエータコアサポート
注意)ラジエータコアサポートは交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がりまたはその修理跡があるものが修理歴となります。
修復歴の「修復」は、通常の「何かを直すこと」を意味する「修復」とは異なります。 クルマの修復歴とは、過去に交通事故やその他の災害などによって、車体の骨格にあたる9つの部位(上図参照)を損傷し、「修正」または部品の「交換」により修復したことを指します。
「修復歴なし」の意味を正しく理解しよう
骨格にあたる9つの部位は、クルマが走行するための重要な箇所で、
その部位が損傷を受けるとクルマの走行性に影響を及ぼす可能性があります。
この9つの部位のいずれも修復してなければ「修復歴なし」と呼ばれます。
つまり、バンパーの修復やドアの交換など、走行に影響しない部位の修理しか行っていなければ
「修復歴なし」と呼ばれるのです。
POINT オートテラスでは、安心の「修復歴」明示
オートテラスでは、修復歴ありのクルマは必ず明示し、
しっかり整備をした上で保証を付けて販売していますので
安心してご購入いただけます。
見た目では修復箇所の判断はできないので、
詳しい修復内容はオートテラススタッフへお尋ねください。
こちらも忘れずにチェックしましょう!
プライスボード編
走行メーター編
STEP1 中古車購入の流れ
STEP2 実車を見る際のポイント
STEP3 購入にかかる費用
STEP4 契約・納車とメンテナンス
◆Hondaの中古車を探す
◆ボディタイプから中古車を探す
中古車の購入・販売ならHonda公式中古車検索サイト【ホンダオートテラス】