ホンダオートテラス 認定中古車検索サイト

  • 店舗検索
  • はじめての中古車購入
  • 購入者の声
  • オートテラスの魅力
  • 中古車を探す
クルマにかかる税金・保険料とは|【ホンダオートテラス】で自分にぴったりの中古車を探す
中古車購入ガイド

クルマ購入時にかかる税金・保険料とは?

購入にかかる費用税金・保険料

1

自動車取得税

クルマ購入時の取得価格に応じて必要

クルマの取得(購入)に対してかかる
都道府県税(地方税)。
中古車の場合の「取得価格」は
新車時の取得価格を基準に年式に応じて
算出されるため購入価格とは異なります。

2

自動車重量税

車検残がある中古車なら支払いは不要

クルマの車両重量に対して課税される国税。
新車登録時や車検時に車検期間分を前払いするもので、
一度納税すると戻ってきません。
したがって、車検残のある中古車を購入する場合は不要です。
購入時に車検を取る中古車の場合は、
購入時に支払いが必要です。

3

自動車税(軽自動車税)

購入時に年度末までの未経過相当額を納税

排気量に応じて課税される都道府県税(地方税)。
通常は年度単位で課税されます。
年度の途中でクルマを購入した場合、
登録の翌月から年度末(3月末)までの金額を納税します。
ただし、軽自動車には月割り制度がなく、
購入した月に関わらず年度分の納税となります。

4

自賠責保険料
(自動車損害賠償責任保険)

車検残がある中古車では特に注意が必要

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、
クルマの所有者(または使用者)に加入が義務付け
られているもので、「強制保険」とも呼ばれます。
自賠責保険に未加入の場合、一般道を走行できない上、
車検期間をカバーする自賠責保険に加入していないと
車検が受けられません。
すでに自賠責に加入している、車検残のある中古車の場合、
「自賠責保険未経過相当額」を販売店に支払うのが通例です。

5

リサイクル料金

リサイクル券に記載された預託金相当額が必要

クルマを解体処理するときに発生する
エアバッグ類のリサイクルやシュレッダーダスト、
フロン類を処理するために必要な費用。
中古車の場合、基本的には中古車を買う
新オーナーがリサイクル券に記載された預託金相当額を、
車両本体価格とは別に支払います。

こちらも忘れずにチェックしましょう!

◆Hondaの中古車を探す
◆ボディタイプから中古車を探す
中古車の購入・販売ならHonda公式中古車検索サイト【ホンダオートテラス】